個人輸入と通販の違いって? カマグラを簡単に入手する方法とは!

カマグラの入手方法 | 個人輸入と通販

代表的なED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品カマグラは、日本ではまだ未承認の薬剤であるため、病院で処方を受けて入手することはできません。
そのため、カマグラを入手するには個人輸入や通販を利用するのが一般的ですが、ここで気になるのが個人輸入と通販にはどのような違いがあるのかということでしょう。


まず個人輸入は、自分で海外の業者に注文をして、そこから発送してもらうというものです。
ただし、この場合、やり取りに英語力が求められるため、英語に自信がなければトラブルを招きかねません。

そこで代行業者を利用して個人輸入するという方法が一般的になっています。

これは業者と直接やり取りをするのではなく、代行業者を通じて、自分の注文情報などを送ってもらい、自宅へ商品を届けてもらうというもので、一般的な通販サイトを利用するのと同じ感覚で利用することができます。


次に通販は、国内で販売されている商品をネットやファックス、電話などを用いて、買い物するという方法です。

ただし、医薬品販売の場合は、販売する側が実店舗で医薬品を販売していることや薬剤師の情報を記載することなど細かい規則があり、購入する側も個人情報や医薬品に対する注意事項などを理解した旨を返信することが求められたりします。


通販と個人輸入との大きなちがい

個人輸入とのなによりの違いは、国内で承認されている医薬品のみの取り扱い

になるということです。また店頭で販売されていても、副作用のリスクの高い第一類医薬品は通販で取扱うことはできなくなっています。


このように似ているようで違う個人輸入と通販ですが、この違いを知っていれば、日本ではまだ未承認薬であるカマグラを入手するには個人輸入を使うしかない

ことがわかるはずです。
その中でも先述したように代行業者を通して、購入すれば、通常の通販サイトを利用する感覚で簡単にカマグラを入手することができます。

ただし、代行業者の中には悪質な業者もいますので、しっかりと口コミなどで評判を調べて、使う代行業者を選ぶようにしましょう。



カマグラを購入する 際には、こちらのサイトも参考になりますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です